FC2ブログ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-30(Thu)

陽水の快楽 竹田青嗣

本稿は「hataさんのかけはし」のⅠで10・2・17に記載した稿の改定版です。

竹田青嗣さんの「陽水の快楽」という本を読みます。竹田さんはデビュー時から陽水さんが好きだったそうです。私は「ホワイト」以後、正確には「青空ひとりきり」というシングルからのファンです。

近くの公園で、お前とデイトしているとオヤジが出て来て、私の娘は嫁入り前ですトいう。コミックソングがビートルズの影響とは知りません。笑えないなあ、私は思っていました。

私は十把ひとからげに歌謡曲が好きではありません。なぜか……君に会いに行くのに傘がないト歌う陽水さんは、本当は行きたくないような心積もりが見える気がしました。

学生集会にも行かない。君の町にも行かない……陽水さんって怠惰な所がある。むろん行かないのは勝手だけど、青春の光を追いかけもせずに流れて行った時よ……消えた僕の若い力、呼んでみたい……なんて後悔もある。

若いんだもの、そういう事に陥りがちです。人生が二度あれば……一度しかないから人生なんですもの。ぶっつけ本番、直しはなしって話です、もの。残酷なようですが事実はそうです。

ないものねだりは仕方がない。何かを大切にしたいけど身体でもないし心でもない……おお、そうだね。私もそう思いました。ただ陽水はこの後、薬に手を出して捕まる。

その後がいい。彼が恋したのは街の女、彼を受け入れた、ただの女……スターでもタレントでもない若者にとって、街って女ってそんな感じです。いや現実ってそうでした。これまでの歌詞は全部嘘、そういうと言い過ぎですか?

陽水さんの中で現実に裏付けられた嗣、世界がやっと始まる。その頃、浅川マキさんはかもめを歌い終わっていたのです。小椋佳さんが終った青春に後悔した頃、私は病院から命からがら生き帰りました。

私の立場から見ると、65才の湯飲みの父を哀れむ歌は僭越という物で、青二才に人生なんて判らない。ただ、その時は私も青二才だったのですが……身障者になった私には湯飲みすら覚束ない。ああ、これは聞くに堪えないなあ、思う訳です。

竹田さんも陽水さんの合間にニーチェやキルケゴールを読むという。それで堪えられるのかどうか? よく肺がんで2、3年しか持たない言うでしょ。それで何とか直してくれトいう。

2年持つなら2年で達成できる目標を持つのです。たくさん金があれば金で世界一周、少ししかなければグルメ三昧、もっとなければ孫をみつめる。命があれば何かが出来る。やれる事を実際にやる。

現実存在という、それが実存の語源です。病院から命からがら帰って来ると、そういう感想が湧きます。いざガンで、実際に死ぬとなると私も判らないが、出来るだけそうしたいとは思います。

●この本は絶版になっていて、プレミアムが付いて古本屋で千円だそうです。知りませんでした。某所で貰ってきたタダ本。竹田さんの本は哲学研究家のファンと、陽水ファン両方に読まれ、私も書いた、かなり後で視聴率が上がりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。