FC2ブログ

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-16(Fri)

ダイエット

ダイエットは体重の管理です。障害の管理と違うのか、重なる部分はあるのか? 今日は朝バナナから、その辺の話題に持っていく魂胆であります。タネをばらしてやる手品は聞きませんが、私の場合は可能です。ブログにも慣れ、この慣れは退廃の始まりでもあります。

私は股関節が悪く、体重が増えれば負担は股関節にかかる。負担が積み重なって障害が悪化する訳です。体重は1キロでも減らしたほうがいい。股関節の寿命より先に本体の寿命が逝けば手術なんぞ、しなく済む。その意味ではダイエットは無関係ではありません。

朝バナナという訳ではないのですが10数年前から、定番で朝にバナナを食います。バナナとヨーグルトという組み合わせは坐りのいいメニュー、全体の一部分となっています。バナナが無くなった間、りんごに置き換えたのですが、やはりバナナの方が合うようです。

こういうように、ある合理的な組み合わせが大事ではなく、たえず目先の変わるメニューに次々、変え続けなくてはならない。よく判りませんが、そういう前提があるようです。ダイエットの必要はなく付き合う人がいる、のか……

バナナがなければりんごに変えますが、そうでなければ私は変えません。私がそうかは怪しいが、男は変化を強いられる部分はあるかも知れません。最近は女性も似たような状況とは思いますが、変化への望みが食に集中するところでもあるのでしょうか?

「目的の体重になったので……」朝バナナを止めた女性に、それ以上を聞かないのですが、やがて体重は元にもどる事になります。もどるまで好きに食べて、元より増えたらまたダイエットする。体重増加を見込んだというか、余計に食べる為のダイエットと、いう事はないでしょうか?

私の場合は関節の負担を軽くするための減量ですから、触りでもない限りはそのままです。むろん無理な減量は意味がありません。目的は合理的に焦点があります。グルメ外出を楽しむために日常食の倹約はありません。

いえね。身障者は日常へ絶望しているような所があって、日常を嫌悪している人はいます。目的とか意識がイベントにしかない。たとえば旅行好きという人は身障者にも多いです。ないがしろにしている。普通の毎日を捨てています。

「もういいでしょう」とか「このくらいで」とか、
「どうでもいい」という意味の言葉がつきまといます。こういう言い方でいいか悪いか、障害のある現実に疲れているのです。旅行に行けば目新しいので、それが気にならなくなる。きれいに言えば感動を求めている訳ですが……これは退廃です。

発展途上の国に行くと子供の目が輝いていると言います。塾に行く日本の子供の目は、そうは行きません。友達と連立ってグルメに出かける女性の目は輝いていますか。台所に立つときはそうも行かない……ですか?(笑)

朝バナナの流行と終わりに何を見るかは様々と思います。人の悩みは深いです。今朝、郵便受けに入ったチラシでは修行を積んだ業者が、あらゆる悩みを解決するそうです。相談料が2500円で体験修行もあるそうです。体験修行は別料金か?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。